ひとことブログ


by ennapple
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やがて消えてなくなるもの


この前、上司のK松さんから作品のコンセプトについてきいた。

「やがて消えてなくなるもの」

かっこいいな。って素直に思った。

どんなものでもいつかは無くなってしまう。
わかってるようで、それを無くしてしまうまで、
実感はわかない。

大切にしている人も、ものも、自分自身でさえも
それが「いつ」なのかはわからないけど、
でも「いつか」には全てにはずれなく消えて無くなる。

永遠を願っても叶わないし。
永遠って言葉としてはあるけれど、実際に永遠のものなんてない。
・・・と、思う。

形あるものは次第に姿を消すけれど 
君がくれた この温もりは消せないさ


こんな歌詞があったな。Mr.Children 口笛
永遠に残るものって「存在するもの」じゃなくて「想い」かな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

K松さんの展覧会でのワークショップがすごく楽しみです。
時を記憶する。自分がここにいることを記憶する。
そんなワークショップらしいです。

兵庫陶芸美術館

「陶芸の現在、そして未来へ」 (2006.6.10~8.27)

出品者

板橋 廣美 いたばし ひろみ 1948年東京都生まれ、三鷹市在住

内田 鋼一 うちだ こういち  1969年愛知県生まれ、三重県四日市市在住 

小松  純  こまつ じゅん   1964年広島県生まれ、滋賀県甲賀市在住

戸田 守宣 とだ もりのぶ   1959年愛知県生まれ、瀬戸市在住

三輪 和彦 みわ かずひこ   1951年山口県生まれ、萩市在住

交通アクセス⇒http://www.mcart.jp/traffic.html 
[PR]
by ennapple | 2006-06-03 02:07 | 美術館 展覧会