ひとことブログ


by ennapple
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大塚国際美術館2

では、ボッティチェルリ、ラファエロ、ダヴィンチあたりいきます☆

まずはボッティチェルリ☆

e0090304_15442253.jpg
ヴィーナスの誕生
絵に興味のない人でも知ってるであろうボッティチェルリの名作。
中央には愛と美の女神であるヴィ−ナス。
右の女性は「時」を意味しています。
ヴィーナスの象徴であるバラが舞ってます。



e0090304_1713569.jpg
 春
(ラ・プリマヴェ−ラ)

春とヴィーナスの誕生は対で描かれたそうです。




e0090304_9404932.jpg

受胎告知
これもボッティチェルリ。
天使ガブリエルが聖母マリアに神の子を身ごもったことを告げるシーンです。
ガブリエルのアトリビュートは百合の花。
キリスト教絵画では聖人や天使など特定の誰かを示すアトリビュートが一緒に描かれていることが多いです。
ennaはボッティチェルリの描く人物の肌の色が好きなんですよね。
ちょっと白っぽいの。


受胎告知は色々な画家が描いています。
ダヴィンチの受胎告知が一番好きなんだけど、美術館では照明が暗過ぎてあまりよくとれませんでした。残念。



e0090304_9424080.jpg
小椅子の聖母
ラファエロの描く聖母ってすっごく綺麗なんだよねー。
これは自信を持っておすすめする逸品。
この美術館の中でもかなり本物に忠実な色が出ていて、再現性が高いそうですよ。



e0090304_107822.jpg
最後の晩餐(修復前)
人が多くて近くからとったし、ちょっと変にうつってますが。(巨大なんで)
修復前と修復後の最後の晩餐が向かい合わせに展示されています。
見比べたりできるので、これは見る価値あると思います。




e0090304_10111536.jpg
最後の晩餐(修復後)
やっぱり修復後は色がキレイですね。
[PR]
by ennapple | 2006-10-24 15:47 | 美術館 展覧会