ひとことブログ


by ennapple
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:独り言( 6 )

自分が死んだら終わり?


e0090304_1957183.jpg
人生って大袈裟かもしれないけど、
自分が死んで終わりってわけじゃないのかもしれない。
その後に残された人への影響もひっくるめて
自分の人生なのかもしれない。

このセリフ、なるほどって思った。

自分の死んだ後のことを考えたら、まだまだ死ねないなって強く思う。
そんなに偉い人でもないし、有名人でもないけど、
自分が死んだら悲しんでくれる人が何人もいるって確信があるから。

悲しんでくれるってことは少なくとも、その人にennaは影響をあたえているってわけで、
自分がたったひとりで生きていたわけじゃないっていう証拠だ。
お互いが影響しあって生きてるから、「自分の人生は自分のものだ」って言ってても、実際は自分のだけのものじゃないなって。
誰かの人生が自分の人生の一部になってるし、自分の人生は誰かの人生の一部になってる。

ちょっと暗い話になりそうだけど、ennaはある作品を見てから、自分のベースが逆転してしまった。
すっごい生命力を感じるものって同時に「死」を色濃くさせると思うのです。
自分が死ぬことを気づかされてしまったというか。。。
それまで、生きていることがあたりまえで、それを前提になんでも考えてたのが、
「生きていることがキセキ」って思うようになった。

生きているのが不思議で、この世界のすべてが不思議に思えてきて、
なんで1+1は2になるのか、とか
なんで朝がきて夜がくるのか、とか

考えてもしかたないことだけど、そういうことが不思議で、
自分がどこからこの世界にきたのかをすごく知りたくって、
同時に「死」に対しての恐怖心、自分が自分じゃなくなってしまう瞬間が
訪れることが怖くて仕方なかった。

生きていることがあたりまえっていう安定感が薄れたから、
なんとなく不安定で、
でも、そう思うようになってからは感動できることがすごく増えたって思う。
(まぁ、昔からよく感動するコだったけど)

その作品に出会ったことを良かったと思えるけど、最初はすごく後悔した。

出会わなければ何も知らずに生きていれたのに。って、ennaが言ったら、
「気づきたくないって知らないふりしていたことをつきつけれらる」って
そのアーティストの展覧会で出会った某美術館の館長は、言ってた。

まさにそのとおり。


生きてることってすごい特別だなって思うようになってから、
親が自分をつくってくれたことをほんまに感謝してるし、
奇跡の連続で自分までたどりついたんやと思うと自分自身もすごく特別。。
せっかくの特別な時間なんだから、できるだけいつも楽しくいたいって強く思う。

だから、逆にけんかしたりしたら異様に悲しい気持ちになる。
だって明日も絶対に生きているって保障はどこにもないから。
けんかしたまま別れてしまったりしたら後悔してもしきれない。

まあ、だからといって
いつ死んでも後悔ないように生きているかといわれると「NO」なんだけどね。
その辺矛盾・・・・(笑)
いつもいつもこんなこと思ってるわけじゃないし。てか、重いね、この話。

大切な人たちの人生の一部になれるように、大切な人たちの人生の一部を担えるように、
これからも明るく元気に生きようって思います(*^▽^*)


春のドラマが続々と始まってるところですが、前のクールのドラマのセリフでした。
ずっと見る時間なくって、最近見た「ラブシャッフル」第9話と最終話。
とびとびにしか見てないけど、これはennaの今まで見たドラマの中で1,2を争うくらい好き。
好きな女優さんも出てるし。吉高由里子さん。前からなんか気になる女優さん。
コメディなのにいろんなこと考えさせられました。
そんでまたセリフがいいんだよなあ。


ああ、もうねぇやんのCDが発売されてるのに、まだ聴けてないよ~(><)

ねぇやんはきっと「死」を意識して生きてる人だと思うなあ。
歌の歌詞とかライブの時のMCとか、ブログに書いてることとか。

だから共感してすごく惹かれるんだと思うんだけど、どうかな。
初めて聴いたとき、ほんまにビビっときたもん。
CDにはねぇやんの手記があるようなのでそれが楽しみw
[PR]
by ennapple | 2009-04-21 14:01 | 独り言

森ガール

ennaの情報の源!「おはよう朝日です」で、森ガールってのをやってて。

森ガール=森にいそうな女の子
らしい。
ゆる~いほんわかした雰囲気なんだそうだ。

ねぇやんみたいな感じかな(*^-^*)
ennaのイメージではねぇやんは森の妖精さんやもん。
色が白くて優しい顔だちで話す声も小さくって控えめでとにかく可愛いっ!
内側から染み出すふんわりした空気。
永遠の少女だ。

しかし森にいそうって…
山じゃダメなんだね。
山ガール。

mixiが発端だそうだが全然知らなかったよ。

さっそくGoogleで検索☆

でも検索したおかげですごくヤな気分。
Googleで「森ガール」って検索して一番最初にヒットしたサイト見てたら人としてどーなの?っていう言い回しが。

「ゆるい格好」について説明されてるとこに、「スウェット主婦や全身マヒの寝たきり少年を連想しがちですがそういうゆるさではないです」
というようなことが書いてて。

スウェット主婦はいいとして。

こういうこと平気で書く人ってサイテー。
めっちゃ気分悪くなりました。
ゆるいって何よ?
この記事書いた人、頭ん中までゆるゆるなんじゃないの?
なんの配慮もなく、なんも考えずに書いてんだろうな。
頭悪そう。

一気に森ガールがヤになってしまった…いや別に森ガールが悪いわけじゃないけど。

しかもめちゃくちゃ定義がいっぱい。

なんでこの定義の中に

・虫が大好きだ
・食べれるキノコを見分けられる
・傷にきく薬草がわかる

とかは…ないんだね?


こうやってファッションのカテゴリーは増えてくし。
ennaはいろんな格好するのが好きだしカテゴリーにはまらなさそうだけど。
別に分ける必要ないと思うけどなぁ。

ちゃんと似合ってればいいけどこういう服は似合う似合わないがありそうだし。

オシャレな人って自分の似合うものがちゃんとわかってる人=自分をよくわかってる人なんやろうな~って最近思う。

ennaは似合うものより好きなものとかしてみたい格好をしてるから、たまに頑張って失敗の時もあるけど。

オシャレって難しいね~

森ガールじゃなく森の人にならなってみたいです。

ナウシカ久々に読みたいな。
[PR]
by ennapple | 2008-09-25 23:02 | 独り言

聖火リレー


聖火リレーを妨害する人たち。
理解できないです。
オリンピックは世界がスポーツで繋がる貴重な大会。
平和的に行われないと意味がない。

確かにチベットの問題は無視したらあかんもんやと思うし、中国がいい国だとも思わない。
チベット問題以外にも怪しげなミッキーや毒入りの餃子・・・どう考えてもおかしいだろ。

でも、聖火リレーを妨害している人たちを見て、その行動をたたえる気にもならないし、暴力を用いて妨害しているところは、悪としか思えない。
ダライ・ラマは暴力を望んでいないと公言しているのに、それでもする人が絶えないのは、どうしてなんでしょう。
どんなに正しいことを言ってても、こんなやり方じゃ伝わらんのとちゃうかな。
そもそも聖火リレーを妨害する目的って何なのでしょう。
オリンピックを中止したいのか。。。

それとこれとは別問題やん。
オリンピックを目指してがんばってきた選手たちはどうなるのさ。
成功するようにみんなで協力せなあかんと思う。
中国のために、じゃなく、選手たちのために。

スポーツを愛するものとして、オリンピックがこんな形で利用されるのは悲しいです。

そんなに知識があるわけじゃないから、偏った意見になってるやろうけど。
野球がオリンピックで見られるのは北京が最後なんだよ・・・
それにニュースでいろんなスポーツ選手がオリンピックを目指して戦っているのを見ていると、その気持ちをもっと汲んでほしいって切実に思う。

オリンピックの主役はスポーツなんだから。
それを1番に考えるべきだと思います。
[PR]
by ennapple | 2008-04-20 13:02 | 独り言

いつでも微笑みを

e0090304_1875235.jpg
いのちは果てるもの

わかってはいるけど…


もし僕がこの世から巣立って逝っても

君の中で僕は生き続けるだろう

そう思えば何とか やっていけそうだよ


そう だからいつも いつでも微笑みを

いつでも微笑みを


い つ で も  え み  を



-------------------------------

友だちの猫が向こうの世界へ旅立っていってしまいました。
すごく長生きで、20歳。
友だち家族に愛されて育ったからかな。
猫もきっとその愛を感じるとることができたんやろうな。

ennaは動物を飼ったことがないので、どんな気持ちかはほんとのところはわからないんだろうけど、きっと家族を失うのに等しいのだろうな、って思って、その友だちの日記を読むとすごく悲しくなった。

出会ってしまったらいつかは絶対別れがくるし、すごい悲しい。
一度手にしたものを失うってことは、もともとそれがなかった頃に戻ることはできひんし。
でも、別れを恐れて出会いを避けても意味がないしな。

別れは悲しいけど、その後に出会えたことを嬉しく思えれば、
出会えて良かったって思えれば、
そして、そのうち笑って思い出を語ることができたら、

自分の中でずっと側にいて、生き続けてくれるんやろうなって思う。


幸いennaはこのところ、自分の身近で別れを経験していないので、余計友だちの猫が旅立ってしまったことが悲しく感じられた。
生まれてきたらいつかは絶対に死ななきゃならないし、それだけが生命の平等さだと思うから、わかってはいるんだけどやりきれないなあ。


この歌が頭から離れない。

猫を亡くした友だちが、早く元気になったらいいな。と思います。
[PR]
by ennapple | 2008-01-31 18:51 | 独り言

この世界は素晴らしい


e0090304_005624.jpg


またひとり

遠くでジャーナリストが亡くなった

どうして争いはなくならないのか



この世界は、こんなに美しいのに。




自分が何気なく過ごした1日のうちに、どこかで誰かの命が
争いによって奪われたと思うと、なんかやりきれない気分になります。

どうして?
って、気持ちがつきまとって。でも答えは見つからない。
この世界をつくってる要素は素晴らしいものばかりなのに、
人間だけが素晴らしくない。


て、たまに思います。

そういう私も素晴らしくない人間ですが。
[PR]
by ennapple | 2007-09-29 00:20 | 独り言
e0090304_21171018.jpg

すごく悲しい時と、すごくいいな、好きだなって思う時は
同じような感覚になることに最近気づいた。

すごくいいな、好きだなって心から感動した時、なんかこの感覚何かに似てるなあって考えてて、あ、すっごい悲しい時やって。

心って場所がもし自分の体の中にあるのなら、
それがずどーんって下に落ちてく感じ。

ただ、悲しいときは
心が下に落ちてくのを必死で上へあげよう、って頑張ってて、
落ちてしまったのはもっかい拾って戻さんとあかんけど、
すごいな、好きだなって思う時は
ほっといても空気中に広がって自分に返ってくる感じがする。

あくまでもそんな気がするだけで
実際落ちてたら怖いけどね。あ。なんかグロい想像しちゃった。


悲しいときも、好きだなって思う時も
涙でるもんなーって思って。
結局、感動ってところではおんなじなんよね。きっと。
全然違った心の動きなのに、おんなじ感覚を感じたのがおもしろくて
書いてみました。

これから先も色んな意味でいっぱい感動して、色んな刺激を受けて
生きていきたいなって思う今日この頃。





■今日のお気に入りフレーズ■

「忘れかけてた涙の種を心の隅から芽生えさせるだろう」
    (by 安藤裕子…さみしがりやの言葉達…)
[PR]
by ennapple | 2007-06-28 18:31 | 独り言